>  > 体力じゃないんですよね

体力じゃないんですよね

昔は風俗では体力に任せて女の子をガンガン攻めていたんですけど、最近ではそうでもないかなと。むしろ体力に任せるよりも、女の子との間合いだったり距離感だったり、体力以外の部分を使った方がより楽しいプレイになるんじゃないのかなってことに気付いてきたんですよ。だから風俗ではあまり体力にものを言わせるのではなくて、むしろ体力を使わずにどうやって楽しめるのかを追求しているんです。その方が、なんだかんだで楽しいんですよ(笑)むしろいろんな気持ちにさせられるというか、意外な楽しさに気付かされることもあるんですよ。女の子をどうやって攻めるといいのかとか(笑)体力にものを言わせて攻めるよりも、少し考えてどうすてば女の子が感じてくれるのかを実践する方が、女の子も案外関してくれるものなんですよね。だから風俗ではあまり体力にものを言わせるのではなくて、むしろ心理戦で楽しんで快感を得る方が自分の中での満足感が高まりますね。

ローションは外れないかなと思う

風俗で好きなのはローションです。ただ、マットプレイが好きって訳ではないんです。軽く使ってくれるくらいでいいんですよね。マットプレイだとローションがメインになっちゃうじゃないですか。まぁそれもそれで素晴らしい風俗だとは思うんですけど、マットよりも普通にローションを使ってくれる方が興奮するんですよね。特にローションっててかるじゃないですか。それが興奮を生み出すんですよね。摩擦がないのもいい所ですけど、それよりもむしろ体がテカるので、いつもとは違うことをしているよなって気持ちにさせられるんです。そこに大きな感動があるんですよね。それに、ローションを使うとどこを触られてもそれなりに気持ち良くなるじゃないですか。そう思えることなんてめったにないと思うので、だからこそローションが気に入っているんです。だから風俗では、ローションの使い方が上手だなって思った子は覚えるようにしているんですよね。そこもテクニックですし。

[ 2016-11-21 ]

カテゴリ: 風俗体験談